Skip to main content

より優れたガバナンスのための取締役会とは-1【取締役会の目的】

あなたは、取締役会のメンバーですか? あなたが取締役会のメンバーの場合、取締役の意義について、どのようにお考えですか? あなたが取締役のメンバーでない場合、取締役会は、どのように運営・実施される必要があるとお考えですか?

トライコー・グループは、取締役会は、より優れたガバナンスを実現するために開催されなくてはならず、取締役会のメンバーは、取締役会で決定されたガバナンスを、 組織に反映する責任があると考えています。

今回より複数回に分けて、
・より良いガバナンスを実現するための取締役会の「あるべき姿」
・ ニューノーマル時代の取締役会 開始前・開始中・開始後の各チェック項目
・ テクノロジーの利用
について紹介します。

取締役会に直接関係のないビジネスパーソンにも、通常行われる会議成功させるためのヒント共通していますので、ぜひ、ご一読ください。

取締役会の意義:より優れたガバナンスを実現するために

結果主導の取締役会は、優れたガバナンスにつながります。 あなたの会社の取締役会は、どのように測定されてますか? 組織の会議をピラミッドに例えた場合、その頂点である取締役会は、ガバナンス活動のすべてが発生する場所といえます。

今回は、堅牢なガバナンス構造を実装し、効果的な取締役会を通じてコラボレーションを促進する方法、そしてそのためにテクノロジーがどのように役立つか、を学んでいきましょう。

ガバナンスの意味と定義

効果的な取締役会は、良いガバナンスの基盤です。 本題に入る前に、「Governance:ガバナンス」の言葉の意味を確認しましょう。 ガバナンスとは、英語で「(国や政治の)統治・支配」、「(企業の)運営・管理」 を意味し、組織や国が最高レベルで管理されている方法と、そのための仕組みをいいます。

効果的な取締役会のありかたとは?

堅牢なガバナンス構造を確保するためには、多くの仕組みやプロセスを実装することが必要です。

取締役会のメンバーは、組織のすべてを代表する存在です。 そして、一連のチェックとバランスを通じて、より優れたガバナンスを維持することが、 取締役会メンバーの役割です。 たとえば、問題が発生した場合、その問題を解決するために設定されたアクションを特定 し、追跡することは取締役会の責任です。

では、取締役会は、どのようにして優れたガバナンスを促進するのでしょうか? こちらの記事では、取締役会に焦点を当てていますが、取締役会だけではなく、どのような会議にも当てはめることができます。 多くの経営者や経営幹部にとって、彼らが出席する会議での「成果」は、必ずしも明確ではありません。

たとえば、定期的に2時間にわたって、取締役会が行われるとしたら、その会議は、時間の経過とともに「定型業務」と認識されるとともに、取締役会が形骸化し、本来ならば集中して検討すべき問題を見失ってしまうことにもなりかねません。

取締役会の目的とは?

さて、取締役の目的とは、いったい何でしょう?

最新情報を提供する

取締役会そのものだけではなく、プロセスに焦点を当てましょう。 取締役会が行われる前に達成した成果、発生した問題について、取締役会 メンバーに最新の情報を提供する機会を設けます。
取締役会が終了する時点で、出席者がより良い情報を得られている必要があります。 少なくとも、取締役会のメンバーは事案の進捗に関する最新の情報を受け取り、ビジネスの状況を明確にし、表面化した重要な問題を理解し、それらに対処するためのアクションを決定する必要があります。

意思決定を促進する
取締役会は意思決定を可能にし、促進するものでなければなりません。これらを実現するために必要なことは、以下の通りです。
・適切な人が取締役会に出席している
・取締役会メンバーは、意思決定をするための正しい情報を持っている
・取締役会の時間内で意思決定を行うための十分な時間を確保してる
・議事録は決定事項を文書化するために取る

議論を促進する
取締役会が成功すると、議論の時間ができ、フィードバックが促進されます。
取締役会の成功とは、以下を達成することも含んでいます。
・アイディアの共有
・懸念事項の提起
・建設的な改革

まとめ

取締役会メンバーは、取締役会の終了時点で、取締役会に出席する前に比べて、このよう な気持ちになっていることが理想です。
・会議前よりも情報量が増えた
・問題や計画について議論し、意見を述べる機会が与えられた
・自分の意見に耳が傾けられ、理解された

ところで、「データと情報の違い」とは何でしょう?

通常のビジネスはもちろん、取締役会においても、データと情報の違い取り扱い方を理解しておくことが、より優れたガバナンスを実現するための取締役会の開催に大いに役立ちます。

次回は、あらためてデータと情報の違いを整理してみましょう。


より優れたガバナンスのための取締役会とは-2【データと情報の違い】に続く