Skip to main content

アフターコロナ時代の中国ビジネスの動向-2

1.3 COVID-19の感染拡大
1.3.1 アフターコロナの中国経済の復活

COVID-19の感染拡大は、中国経済に深刻な脅威をもたらしました。

中国国家統計局(NBS)は、中国の第1四半期のGDPは20兆6554億元で、前年同期比4.8%減となり、改革開放40年以上で初めてのマイナス成長で、第1次産業のGDPは3.2%減の1016億元、第2次産業のGDPは9.6%減の73638億元と最も影響を受け、第三次産業のGDPは5.2%減の12兆2680億元となったと発表しました。

第2四半期以降、中国ではCOVID-19の感染拡大はほぼ収束しましたが、世界的な感染拡大は続いており、世界的な規模だけでなく、景気回復にも課題と不確実性をもたらしています。

とはいえ、多くの経済指標を見ると、中国の第3四半期のGDPは前年同期比4.9%増と、中国経済は復活を遂げたといえるでしょう。

製造業
COVID-19感染拡大の間において、中国の製造業は深刻な影響を受けませんでした。購買管理者指数(PMI)、PMIの構成サブ指数、およびその関連指標は、2月の過去最低以来、第2四半期と第3四半期に大幅に回復しました。

サービス業
サービス業の付加価値は第1四半期にパンデミックの影響で低下し、前年同期比で減少しました。

第2四半期と第3四半期には、サービス産業企業の生産と運営が着実に回復し、付加価値がプラス成長を達成しました。 現代のサービス部門も急速な成長を維持しています。第3四半期には、金融セクターと情報伝達、ソフトウェア、情報技術サービス産業の付加価値は、前年比でそれぞれ7.9%と18.8%増加しました。リースやビジネスサービスは他のサービス産業に比べて大きな打撃を受けていますが、第2四半期と第3四半期には徐々に回復が見られます。

消費財産業
COVID-19感染拡大の影響を受けて、中国の個人消費は大幅に減少しましたが、価格はわずかに上昇しました。

経済カテゴリー
国有企業と株式保有株式会社、民間企業、外国企業、香港、マカオ、台湾の投資企業の産業付加価値は、2020年4月以降成長を遂げています。 外国および香港、マカオ、台湾に投資された企業はCOVID-19の影響をより受けましたが、2020年4月に急速に回復しました。

1.3.2 COVID-19感染拡大以降の世界経済のランドスケープ
COVID-19の世界的な感染拡大による混乱は、世界経済に大きな影響を与えています。
国際通貨基金(IMF)は2020年10月13日、世界経済の見通しを発表し、世界のGDPは4.4%減少すると予測しました。これに対し、同レポートでは2020年の中国経済は1.9%成長し、世界で唯一の主要経済国となると予測しています。

また、経済協力開発機構(OECD)も「The OECD Economic Outlook」を発表しています。
2020年9月16日発表の中間レポートによると、2020年と2021年の各国のGDP成長率の分析・予測において、中国経済は回復が早く、米国や欧州、その他の東南アジア諸国よりも成長率が高いと予測しています。

OECDは、2020年第2四半期の世界各国のGDPと消費レベルを、2019年第4四半期のGDPと消費レベルと比較しましたが、第2四半期には、COVID-19感染拡大前のレベルに戻った中国を除いた、ほぼすべての国が、パンデミックの影響下にあることが分かりました。

中国以外の国では、投資需要の低迷や不確実性の高い国際商品貿易の急激な縮小を反映し、鉱工業生産の回復は、比較的緩やかなでした。以下に示す通り、鉱工業生産は2020年4月以降に回復しており、一部の国では、大幅に上昇したものの、全体には低迷したままです。

次回は、パンデミック後の中国でのビジネス環境に影響を与える内部要因とされる、双循環戦略についてお届けします。

アフターコロナ時代の中国ビジネスの動向-3」に続く