Skip to main content

アフターコロナ時代の中国ビジネスの動向-3

2. パンデミック後における、「中国でのビジネス環境」に影響を与える内部要因とは?

2-1. 双循環戦略
40年の改革開放を経て、中国は国内経済に力を与えるためにギアをシフトしました。

大規模な国内市場、安定した投資環境、成熟した産業チェーンでの競争優位性などといった利点は、中国の超巨大な消費市場と技術力の利点と、アジア・ユーラシア地域の市場開放の利点を組み合わせた「双循環」戦略を積極的に展開するために、強固な基盤を築いてきました。

「双循環戦略」は、中国国内でのビジネスを核とし、国際貿易を補完するという、新しい発展パターンの形成を加速させ、産業がグローバル貿易の恩恵を受けることを可能にします。

そして2つの「循環」は相互に補完し合い、中国市場を外国からの投資を受けやすくしています。

中国国内の産業チェーンとサプライチェーンの発展は、輸出の流れをより最適化し、国際ビジネスを促進するという、中国の目標を支援します。輸出の地位を維持する一方で、輸入を促進することも同様に重要です。国境を越えた貿易と投資は、中国の内輪と外輪を結びつけ、中国が現在の輸出志向の経済から、国内消費主導の経済へと転換するのを助けることになります。

双循環における相互発展は、海外からの企業と国内企業が協力して、2つの市場の資源を活用することを目指しています。
したがって、外国企業が中国市場に参入するには良い時期といえるでしょう。

中国の双循環戦略下での投資機会

  1. 地方経済再建の機会
    「双循環戦略」と地域連携のもと、今後、中国全土の地域において、新たな地域経済発展計画が策定される可能性があります。国内の経済システムは、中西部地域に徐々にスポットライトを当てていくことになるでしょう。これらの計画を始動するために、政府は多くの支援インセンティブ政策も発行しています。

    資本集約的な産業と企業は、この機会を利用して、中央部と西部に移動し、独自の競争力を再配置する必要があります。
  1. 消費機会の向上
    住民の生活水準の向上に伴い、高品質な商品やサービスに対する需要が高まっています。

    これに伴い、高級消費財への有望な投資機会が生まれています。
  1. デジタルエコノミーの発展の機会
    5G、ビッグデータセンター、人工知能、産業用インターネット、その他のテクノロジーなどの構築は、中国のデジタル経済を変革するための基盤・インフラであり、多くの投資機会を提供しています。

2-2. 中国政府が約束する「ビジネス・フレンドリー」ポリシー

近年、世界経済の成長が鈍化する中、中国の生産性の伸びも鈍化しています。

中国政府は、より「ビジネス・フレンドリー」な環境を醸成するために、一連の取り決めや政策などを相次いで発表してきました。

このような最近の政策は、競争の場を平準化し、外国からの投資を促進するための、公正な環境を作ることが狙いです。

2019年3月15日、第13期全国人民代表大会第2期会期で「外国人投資法」が可決されました。

同法は、外国人投資家が市場に参入する前の、「国内待遇」と「ネガティブリスト管理方法」を規定しています。

投資促進の面も、政府は外国人投資家に法律、政策や各種措置、投資プロジェクト情報などについて助言し、多国間での投資促進メカニズムを積極的に構築しています。

投資を促進し、外国人投資家や外国企業の法的権利と利益を保護するための関連法規も制定されています。

2020年1月1日、 「中華人民共和国外商投資法実施条例」が正式に施行されました。

そして同日、「事業環境の適正化に関する規則」も施行されました。

その主な原則の一つは、市場活動への政府の介入を減らし、行政手続きを合理化し、政府のサービスを最適化することです。

また同時に、安定的で公正、透明性があり、予測可能なビジネス環境を構築することも目的としています。

2020年7月15日、国務院は「事業をさらに最適化し、市場により良いサービスを提供するための実施意見」を発表しました。そこでは、投資と建設の容易化、生産承認プロセスの簡素化、外資系企業の運営構造の最適化、起業と雇用の敷居の引き下げ、企業のサービス品質と効率性の向上、長期的な運営最適化の仕組みの改善などの意見が発表されました。

「対外投資ネガティブリスト(2020年版)」が2020年7月23日に施行され、対中外国投資のネガティブリスト項目が33項目、FTZの項目が30項目に削減されました。また、証券会社、証券投資資金運用会社、先物会社、生命保険会社の外国人持株比率の制限も全面的に解除されました。

次回は、中国国内の各都市ごとのアフターコロナのビジネス概況についてお届けします。

アフターコロナ時代の中国ビジネスの動向-4【北京・上海】」に続く