Skip to main content

RCEPと新時代のAPACビジネス【オーストラリアの市場:Doing Business in Australia-1】

アジア太平洋地域の安定と繁栄を導くために
オーストラリアの視点から見ると、RCEPは、成長するAPAC地域におけるオーストラリアの経済的関与の立場を強化するものです。

オーストラリアにとっての利点は、2019年にオーストラリア外務貿易省が発表した、オーストラリアと、以下に挙げる主要なRCEP加盟国とのモノとサービスの双方向の貿易総額を評価すると、特に明らかになります。

A$m合計の割合
中国251,41727.4
ASEAN全体121,96613.3
日本86,7749.5
韓国41,3184.5
ニュージーランド31,1083.4
出典:オーストラリア外務貿易省

オーストラリアがRCEPに署名する意思表示をした事実は、同国が経済成長を継続的に推進し、連邦政府の2017年版外交政策白書を遵守している、といえます。この白書を支える2つの基本的な優先事項は、ルールに基づく国際秩序を維持し、アジア太平洋地域の経済的安定を促進するというオーストラリアのコミットメントです。
新型コロナウィルス感染拡大によってもたらされた前例のない不確実な時代であっても、RCEPへの署名は、オーストラリアが先に述べた優先事項を守ることに価値を置いていることを明確に示しています。

サイモン・バーミンガム(オーストラリア貿易観光投資大臣)は「域内の開放性が高まり、この協定(RCEP)が実現するバリューチェーンの統合や原産地規則の共通化により、オーストラリアの企業や投資家が域内で事業を展開しやすくなり、オーストラリアの継続的な輸出拡大につながる」と述べています。

特に、金融サービス、教育、医療、エンジニアリング、その他の専門的なサービスを提供するオーストラリア企業にとって、RCEPは大きなメリットをもたらします。これらの企業は、域内での統合を進め、新たに形成されたRCEPゾーンの主要市場へのアクセスを増やすことができます。

オーストラリアについて
2019年、オーストラリア経済は先進国経済としては重要な記録である28年間の連続成長を達成しました。例外的な消費とGDPの数字を出し続けた後、世界中の外国人投資家にとってさらに魅力的な市場になり続けています。COVID-19のパンデミックの中でも、ウイルスの蔓延を封じ込めたオーストラリアは、30年ぶりの不況から従来の予想よりも早く回復するとエコノミストは予想しています。

オーストラリアでビジネスを展開すべき理由は、次の通りです。

  • 経済的・政治的安定性
  • 最先端のビジネス・スタンダード
  • 優秀な人材
  • アジア太平洋地域、欧米へのビジネスゲートウェイ

オーストラリアは開かれた市場であり、商品やサービスの輸入には最小限の制限しか設けられていません。市場開放の過程で、生産性が向上し、成長が促され、経済はより柔軟でダイナミックになりました。オーストラリアは、世界貿易機関(WTO)、アジア太平洋経済協力会議(APEC)、G20、その他の貿易フォーラムで積極的な役割を果たしています。

オーストラリアは2020年にRCEPに署名することに加え、2015年に中国との自由貿易協定(FTA)を発効し、韓国、日本、チリ、マレーシア、ニュージーランド、シンガポール、タイ、米国とも既存のFTAに追加されました。また、オーストラリアは、ASEANおよびニュージーランドとも地域的なFTAを結んでいます。

オーストラリアは、インドおよびインドネシアとの二国間協定に加え、太平洋近隣諸国や湾岸協力会議諸国とのより大規模な協定や、ASEAN10カ国に中国、日本、韓国、ニュージーランド、インドを加えたアジア全体の地域包括的経済連携協定の交渉を続けています。

サービス業はオーストラリア経済の最大の部分を占めており、GDPの約70%、雇用の75%を占めています。オーストラリアは、ヨーロッパやアメリカに比べて、銀行システムが強力でインフレが抑制されているため、2008年から2009年にかけての世界的な金融危機の影響をほとんど受けませんでした。

オーストラリアは、天然資源、エネルギー、食料の重要な輸出国です。石炭、鉄、銅、金、天然ガス、ウラン、再生可能エネルギーなど、オーストラリアの豊富で多様な天然資源は、高いレベルの外国投資を惹きつけています。400億米ドル規模のゴーゴン液化天然ガス(LNG)事業をはじめとする一連の大規模な投資は、資源部門を大幅に拡大させるものです。

欧米とアジアの歴史的・文化的なつながりに加えて、多くの投資家がオーストラリアの安定性とビジネスのしやすさに魅力を感じています。オーストラリアは、特に欧米の投資家にとって、他のAPAC市場への自然なゲートウェイとなっています。

RCEPと新時代におけるAPACビジネス【オーストラリア進出:Doing Business in Australia-2】に続く