Skip to main content

RCEPと新時代のAPACビジネス【中国本土の市場:Doing Business in Mainland China-4】

グレーターベイエリア(Greater Bay Area:GBA:粤港澳大湾区)
中国グレーターベイエリア(GBA)構想は、香港、マカオ、広州、深圳など中国本土の7都市において、経済成長・イノベーション・文化・生活面などをひとつのメガポリスに統合する経済開発計画ですが、RCEPはこのGBA構想をさらに強化します。

GBA構想は、7つの各都市が持つ計り知れない可能性を活用し、一つの卓越したハブとして統合することを目指しています。GBAの最終的なビジョンは、この地域をサンフランシスコ、ニューヨーク、東京などに匹敵するような、世界をリードする経済大国にすることです。

GBAの人口は6,800万人を超え、総人口では世界最大の都市圏である東京都の首都圏より、すでに多くの人が住んでいます。GBAは急速に都市化が進み、消費者の富裕化が進んでいる地域でもあります。

また、GBAが世界貿易の交差点としてその存在感を高めており、今後予定されている他の主要な経済開発イニシアチブにおいても、グローバルに接続するために重要な役割を果たすことが期待されています。

これには、新しい貿易ルートを開拓し、アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカの市場を結ぶ、中国の野心的な「一帯一路」構想が含まれています。

GBAの消費者市場が急速に拡大して市場の統合が進むにつれ、グローバル投資家は、グローバル展開戦略の重要拠点としてGBAを重視し、多くのビジネス成長の機会をつかむことができるでしょう。

とはいえ投資家は、戦略的に行動し、GBA がもたらす独自の課題に対して慎重に取り組む必要があります。この地域は地理的に広大であるだけでなく、それぞれの市場特性に大きな違いが見られ、さらに、GBAの各都市に進出するには異なる手続きが必要になるからです。例えば、香港とマカオには独自の通貨と税制があり、香港とマカオの消費者市場は中国本土の都市とは明らかに異なります。

GBA は、地理的・経済的・人口統計的・政治的・文化的に広大で複雑な地域です。そのため、投資家は、ビジネスの進出や拡大に踏み出す前に、この地域の微妙な違いをある程度理解していただくことが重要です。

香港とマカオはRCEPに含まれていませんが、RCEPによって相互接続性が高まることが期待されています。RCEPの新しい条項の下で、このような新しいつながりを利用し、GBAが提供する利益を享受しようとする多国籍企業や投資家が増えていくことでしょう。

急速に成長する中国本土のプライベート・エクイティ・ファンド市場
近年、中国におけるプライベート・エクイティ・ファンド市場の発展は加速しており、ファンドの規模も年々急上昇しています。2020年8月末時点で、中国のプライベート・エクイティ・ファンド市場の商品数は8万9,784本に達し、市場規模は15兆2,000億元に達しています。この金額は年間GDPの約15%を占めています。

しかし、先進国と比較すると、中国のプライベート・エクイティ・ファンド市場には、まだ多くの発展の余地があります。今年の1月から8月までに新たに設立されたプライベート・エクイティ・ファンドは8,074本で、成長率は9%、年間成長率は10%を超えると予想されています。

中国のプライベート・エクイティ・ファンド市場の発展の加速、市場規模の急速な拡大は、海外の投資機関にとっても魅力的な市場となっています。中国の金融業界の継続的な開放に伴い、プライベート・エクイティ・ファンド市場の政策統制は徐々に緩和されています。

2016年6月以降、中国証券監督管理委員会は、外国のプライベート・エクイティ・ファンド・マネージャーが、外国資本の比率に制限されることなく、中国でプライベート・エクイティ・ファンドの管理業務を行うことを認めました。中国の最新の外商投資参入特別管理弁法(ネガティブリスト)(2020年版)では、外資による金融業への投資による制限が完全に解除され、外資のプライベート・エクイティ・ファンド・マネージャーが中国国内の公的ファンドに投資することが可能になりました。

これらの政策の更新により、外国の投資機関が中国のプライベート・エクイティ・ファンド市場に参加することがより便利で魅力的になってきています。しかし、現地のファンドマネージャーの急速な成長、絶え間ない政策の更新、教育を受けた投資家の増加に伴い、市場はより複雑で競争の激しいものになっています。

そのため、海外の機関投資家が中国市場に参入する際には、トライコーのようなサービスプロバイダーと協力することを強くお勧めいたします。

RCEPと新時代におけるAPACビジネス【韓国への進出:Doing Business In South Korea-1】に続く